• 家賃を10%アップしてもなんと3ヶ月で満室となりました。
  • 仕事があまりに多忙だったのに2か月で10世帯の入居付けが達成!
  • 1部屋しか入居者のいないマンションが募集開始後約2週間で満室に成功!!

【空室コンサルタントおじま】満室体質になろう!

2014年12月29日

空室対策コンサルタント 尾嶋 健信です。

今回は、
「満室体質になろう!」
という話をします。詳しくは編集後記で。

今日も、質の良い無料&激安情報、
価値ある情報&セミナーを
厳選してご紹介いたします。
■新しい都心部マンションの買い方
定期借地権付マンションの長所・短所
をまとめたレポートです。
不動産投資の選択肢の1つとして
提案もしてあって、興味深いです。
⇒ http://ocaji.jp/kfju15/34041

■10ヶ月で資産1億5千万を築き上げた法!!
25歳の普通のサラリーマンが
資産1億5千万を10ヶ月で築き上げた方法が
書かれたレポートです。
重要なポイントが3つ、書かれています。

⇒ http://ocaji.jp/kfju15/44041

※無料レポートをダウンロードされる際には、
専用のアドレスでダウンロードする事を
オススメします。

まれに、レポートスタンドの不正利用者が
大量のスパムメールを送りつけてくる事が
あります。

■■ 編集後記

以前よく言い続けていたことの1つに
「空室体質から満室体質になろう!」
というものがあります。

これは言い換えますと
「感性派から理屈派になろう!」
ということです。

どういうことか説明しましょう。

多くの大家さん(特に地主さん)は
空室に対して漠然とした不安しか
もっていないわけです。

「このまま空室期間が続いたらどうしよう」
とか
「退去がどんどん続いたらどうしよう」
とか

漠然とした、感覚的なセリフが出てきます。
それで管理会社の担当者が条件見直しや
リフォームを提案してきますと

「減額して不良入居者ははいってきたら
どうしよう」
とか

「なんとなくこの設備を新しくしたら
決まるのではないかな」

とか考えます。

それは空室体質的な考え方です。
そうではなく、物件と向き合って

この物件の個別具体的な空室対策として
どういう方法が合理的か効果的か
また、どこまで対策をするのか

理屈で考え抜き、行動をして
空室をうめる、これが満室体質的な
考え方と言えます。

この考え方の方がよほどストレスがなく
空室がうまります。

だから私はこれからも
「満室体質になろう!」
と言い続けます。

 

【おじま】満室体質になろう!


Posted by 全国の空室を完全満室経営する不動産管理会社 空室対策コンサルタント 尾嶋健信のサイト at 11:43 / 空室対策コンサルタントコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ
THE対談投資家けーちゃん無料ダウンロード

不動産投資専門税理士
叶温さんの対談の模様を
無料でダウンロード!

*メールアドレス

著書

映像特典新刊発売

新刊の発売記念として、 特典映像をご用意しました。

ご購入頂いた本のバーコードを記入して頂きますと特典映像をダウンロード出来ます。

満室スターNO1養成講座
満室革命プログラム
2冊ご購入の方

映像特典

満室スターNO1養成講座
ご購入の方

映像特典

映像特典はこちら

満室革命プログラム
ご購入の方

映像特典

映像特典はこちら

新着記事

メルマガ広告案内
セミナー・講演の依頼
メディア掲載について
特定商取引法
プライバシーポリシー
お問い合わせ

カテゴリー