• 家賃を10%アップしてもなんと3ヶ月で満室となりました。
  • 仕事があまりに多忙だったのに2か月で10世帯の入居付けが達成!
  • 1部屋しか入居者のいないマンションが募集開始後約2週間で満室に成功!!

空室対策における『ふんばり力』とは何か

2015年5月7日

こんにちは。空室対策コンサルタント尾嶋健信です。
今日は、毎日恒例のビジネス情報とふんばり力
についてお伝えします。


■■最近話題の無料プレゼント情報

■物件見学する際の大切な行動

現地見学する際の大切な行動が3つ集めた資料の保存方法が書かれています。
レポート作者の体験をベースに書かれていて参考になります。

⇒ http://steak-ex.jp/Lbj0/1t451


■不動産投資をする前に知りたい知識

不動産投資についての重要ポイントが6つ書かれたレポートです。
不動産会社のタイプや、担保に取る不動産などについてまとめられています。

⇒ http://steak-ex.jp/Lbj0/2t451



無料レポートをダウンロードされる際には、専用のアドレスで
ダウンロードする事をオススメします。まれに、レポートスタンドの
不正利用者が大量のスパムメールを送りつけてくる事があります。

■■コラム ふんばり力

何かこうしたい、ということがあった場合、
すんなりうまくいけば、とても良いですが、
世の中、うまくいかない場合が多いです。

そのときに、さらっとあきらめるか
「改善しよう!」とふんばれるかで、結果が大きく異なります。
最もこれは、思いの差でずいぶん違うかもしれません。

また、さらっとあきらめるという考え方も大切です。
これはどういうことかというと
自分にとって、重要なことでない可能性があるからです。

うまくいかない場合で、良くないのは
自分にとって重要だ、と分かっていながら
ふんばれないケースです。

例えば、空室対策コンサルティングをしているときに
不動産投資家がふんばれないで、空室を放置してしまう場合などです。

それではふんばれない場合、どのように改善していけばいいでしょう。
それにはまず、その原因を考える必要があります。
大体、ふんばれない場合は以下の要素が大きいと思います。

1.現実とむきあっていない
2.時間がない
3.疲れている
4.興味がない

現実とむきあっていない場合は、まず、現状をしっかり分析してみます。
ふんばって現実を改善した場合とそうでない場合をシュミレーションしてもらい
現実とむきあう重要性に気づいてもらいます。

時間がない、というケースは、時間を作ってもらうか
外注業務を推奨します。

疲れている、というケースは、まず十分に休養を取ってもらうことを
最優先にします。

興味がない場合は、本当に興味がないのか、
そこから撤退する気持ちなのかを確かめ
撤退する場合は、外注業務を働かせながら
撤退準備を進めていきます。

最近、自分がふんばれていないな、と感じる場合は
ぜひ自分の今の気持ちとむきあってみることをおススメします。


※豪華6大特典プレゼント!
まぐまぐとは違う内容の「尾嶋健信メルマガ」
ご登録いただけると嬉しく思います!!
⇒ http://steak-ex.jp/Lbj0/5t451

IMG_3188


Posted by 全国の空室を完全満室経営する不動産管理会社 空室対策コンサルタント 尾嶋健信のサイト at 11:50 / 空室対策,空室対策コンサルタントコメント&トラックバック(0)

お問い合わせ
THE対談投資家けーちゃん無料ダウンロード

不動産投資専門税理士
叶温さんの対談の模様を
無料でダウンロード!

*メールアドレス

著書

映像特典新刊発売

新刊の発売記念として、 特典映像をご用意しました。

ご購入頂いた本のバーコードを記入して頂きますと特典映像をダウンロード出来ます。

満室スターNO1養成講座
満室革命プログラム
2冊ご購入の方

映像特典

満室スターNO1養成講座
ご購入の方

映像特典

映像特典はこちら

満室革命プログラム
ご購入の方

映像特典

映像特典はこちら

新着記事

メルマガ広告案内
セミナー・講演の依頼
メディア掲載について
特定商取引法
プライバシーポリシー
お問い合わせ

カテゴリー